ヨークベニマル トップ

店舗を登録して最新チラシを表示する
2019
1003
レシピrecipe

柔らかジューシーなメイン料理が簡単に! 小間切れレシピ3選

とっても手軽でリーズナブル。なのに和牛のうまみがジュワッ♪

いろいろなお料理に使えて、しかもリーズナブルな小間切れは、食べておいしく家計にやさしい万能ミート。そこにもう一つ、上質な和牛のうまみが加われば、まさに“鬼に金棒”ですよね。

ヨークベニマルの『黒毛和牛小間切れ』は、ジューシーな脂身がほどよくのって、柔らかな赤身とのバランスがとれた肉本来のおいしさ。噛めば噛むほどジュワ〜ッとうまみが広がる、ワンランク上の味わいが大人気です。

そこで今回は、食卓のメインを飾る本格的な和牛料理が、かんたん手軽に作れる厳選レシピを3バリエーションご紹介!「これが小間切れで作れちゃうの!?」と驚くほどリッチな味わいを、ぜひご賞味ください!

食べ応え抜群! 丸めて食べようハンバーグ

【材料(2人分)】
●黒毛和牛小間切れ…200g ●塩・こしょう…少々 ●サラダ油…大さじ1 ●片栗粉…適量 ●セブンプレミアム 玉ねぎの風味香るステーキソース…1パック(80g)

【作り方】
[1]小間切れ肉は2等分にしてそれぞれを小判型にまとめ、片面に塩、こしょうを各少々ふり、片栗粉をまんべんなく付けたら、空気を抜くように形を整える。

[2]フライパンにサラダ油を入れ中火で熱し、[1]の塩、こしょうをした面を下にして、並び入れる。上から、塩、こしょうを各少々ふって、焼き色が付いたら裏返し、お好みの焼き加減まで弱火にして焼き上げる。

[3]焼けたら、ソースを掛け、ハンバーグに絡めて出来上がり!

子どもから大人まで、みんなが大好きなハンバーグも、和牛小間切れを使えばより本格的なおいしさを手軽に味わえちゃいます。赤身と脂身のバランスがいいので、丸めて焼くだけでジューシーな仕上がりに♪

濃厚&柔らか! 重ねて食べようミルフィーユステーキ

【材料(2人分)】
●黒毛和牛小間切れ…300g ●スライスチーズ…4枚 ●片栗粉…適量 ●塩・こしょう…適量 ●サラダ油…小さじ2 ●酒…大さじ1 ●セブンプレミアム 玉ねぎステーキソース…適量

【作り方】
[1]ラップに塩、こしょうをふり、お肉とスライスチーズを順番に重ねる。

[2]片栗粉をつけ、フライパンで焼く。

[3]焼き色がついたら、裏返し、酒を入れ、ふたをして、蒸し焼きにする。

[4]焼けたステーキにソースをかけて出来上がり!

がっつり食べたいときは、やっぱりステーキ! お肉を重ねることでふっくら焼き上がるため、箸でも切れるほどの柔らかさ。とろーりとあふれるチーズがコクをプラスして、いくらでも食べられちゃいます。

これはクセになる! 3度うまい 大人のまぶし風牛丼

【材料(1人分)】
●牛薄切り肉…100g ●玉ねぎ(薄切り)…1/4個 ●水…50cc(約1/4カップ) ●ごはん…どんぶり1杯分 ●モランボン牛丼のたれ…大さじ2(30g) ●セブンプレミアム 紅しょうが…適量 ●セブンプレミアム 温泉玉子…1個

【作り方】
[1]フライパン(または鍋)に牛丼のたれと水を入れて火にかける。

[2]煮立ってきたら玉ねぎ、牛肉の順に加え、中火で煮込む。

[3]お好みの濃さまで煮つめ、温かいご飯を盛りつけた丼にのせて出来上がり!

まずはそのまま、お肉のおいしさを楽しんで。次は万能ねぎ、刻みのりをのせて味にアクセントを。最後はわさびをのせ、だし汁またはお茶をかけて食べればヤミツキ必至! 1杯で3度おいしいイチ押しレシピです。

お肉本来のうまみ、柔らかさ、歯ごたえ。すべてが絶品!

ヨークベニマルの和牛小間切れは、柔らかさと歯ごたえが同時に楽しめるこだわり食感。その秘密は、赤身と脂身の比率にあります。ベテランバイヤーの経験から割り出した「赤身8:脂身2」という黄金比率になるようにカットすることで、お肉本来の味わいと食感を引き出しているのです。

お肉の部位は、うま味成分をたっぷりと含んだ「すね肉」を使用。ビーフシチューなどの煮込み料理に使えば、とろけるような味わいに。すき焼き肉としゃぶしゃぶ肉の中間ぐらいの厚さとなる1.8mmにカットされているため、焼いても炒めても柔らかくジューシーなおいしさを味わえますよ。

バイヤーが全国各地を歩き、生産者や加工場まで厳しくチェックしたお肉は、熟練した技を持つ職人により丁寧に加工されます。そして店内で一つひとつ切り分けられて店頭へ。切りたてのお肉は、ふんわり柔らか♪ この口どけの違いを味わってしまったら、もう他の小間切れには戻れないかも…!? お手ごろな和牛小間切れで、最高のプチ贅沢をお楽しみください!

SHARE

FacebookTwitterLine

スマートフォンを
縦にしてご覧ください